コーヒーで具合が悪くなった時の対処法

会社用コーヒーサーバーに最適。ネスカフェアンバサダーはマシンが無料

 

 

よくコーヒーを楽しんでいるコーヒーファンの中に「コーヒーを飲みすぎると胸焼けがしたりして具合が悪くなることがある」という方がいらっしゃいます。そして、特にコーヒーのファンでなくとも、最近はすっかり一般的な飲み物となりましたので、コーヒーを仕事の際や比較的オフィシャルな場面で飲まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そして同様に「コーヒーを飲んだ後、具合が悪くなることがある」というお悩みをお持ちの方がいらっしゃることと思います。

 

実はこれは長らくカフェインのせいであるとか、コーヒーに含まれる砂糖のせいだと言われてきたのですが、最近の研究結果ではコーヒーの成分であるクロロゲン酸が原因だと言われるようになりました。もちろんこれ以外にも胃酸の過剰な分泌が原因で胃が荒れてしまうというような原因もあるのですが、やはり、大元の原因はこちらのクロロゲン酸にあるようです。

 

・・・そうですよね、そんなことはどうでもいいですよね、どちらかというとコーヒーで具合が悪くなったときの対処法について知りたいですよね。

 

実はコーヒーで具合が悪くなったときというのはいくつかの対処法があります。

 

コーヒーで具合が悪くなった時の対処法

 

まず最初におすすめしたいのは「お水か白湯、もしくはスポーツドリンクなどを飲む」ということです。

 

これは非常にイメージしやすいのですが、仕組みとしては至極単純に体中のコーヒーの濃度をお水や白湯、スポーツドリンクなどで薄めるという方法です。人によってはそれらを飲んだ時に胃が洗われるような感覚がして、不快感が少し軽快するということもあるようです。

 

続いておすすめしたいのは、カフェインの影響で興奮状態にある体を落ち着けるために体を温めたり、あるいは深呼吸をするという方法です。どちらかというとお水を飲んだりする方が即効性があると感じる方もいらっしゃるのですが、こちらの方法は10分〜20分程度継続して行うことで徐々に体が楽になっていくようなイメージの方法となっています。

 

今後の予防としては、できる限り胃が空になっている状態ではコーヒーを飲まないなどの対策が有効といえるのではないでしょうか。せっかくのコーヒーですから、具合が悪くならないように楽しみたいものですね。

 

 

>>トップページへ戻る