コーヒーで具合が悪くなるのはなぜ?

会社用コーヒーサーバーに最適。ネスカフェアンバサダーはマシンが無料

 

 

朝起きて一杯、食後に一杯、仕事場で一杯、勉強中に一杯、そして寝る前にも人によっては一杯・・・

 

個人差があるものの、やはり人は誰しも水分なしでは生きてはいけません。そしてその水分も人によって嗜好があり、飲む物やその頻度にも大きく個人差が出てきます。

 

そんな中でも、嗜好品としてのクオリティは抜群で入手もしやすく、カフェインの効果を手軽に得ることができ、さらに手軽なインスタントから本格的なドリップまで幅広い抽出方法を持つコーヒーというのはいつの時代も一定のファン層を持っています。

 

しかし、そんなコーヒーファンの中には「コーヒーを飲みすぎると具合が悪くなる」「コーヒーを飲むと毎回胸焼けがしたり、吐き気がするからあまり飲みたくない。でも好き」という、なかなかのジレンマを持った人が存在するのも事実です。

 

では、このコーヒーを飲むことによって生じる吐き気や胸焼け、胃腸の荒れた感じというのは一体何が原因で引き起こされているのでしょうか。

 

コーヒーで具合が悪くなる?

 

昔から何かとこの手の話題が議論のテーブルに上ることが往々にしてあり、大体の場合はカフェインの刺激性が問題なのでは、という声や、もしくはコーヒーに入れる砂糖が悪いのだ、といった意見が上がるのですが、結局その原因は長らくわからないままになっていました。

 

 

実は多くの場合はコーヒーを飲んで具合が悪くなる時、というのは、コーヒーの成分である「クロロゲン酸」が影響していると考えられます。そうです。個人差や飲んだ量によって多少の影響はあるにせよ、あまりカフェインは関係なかったのです。

 

実は最近の実験の結果では、この症状はカフェインレスコーヒーを飲用した際にも発生するケースがあるということがわかり、その結果としてあまりカフェインは関係なく、代わりにコーヒーの成分であるクロロゲン酸というものが影響していると考えられるようになったのです。

 

こういった事情からカフェイン過敏症などで医師からコーヒーやカフェインの摂取を厳禁されている場合でない限りは、別の方法でカフェインを摂取しても胸焼けなどは起こらないと考えられますね。

 

>>トップページへ戻る