コーヒーを濁らせないためには?

会社用コーヒーサーバーに最適。ネスカフェアンバサダーはマシンが無料

 

 

今や日本全国どこでも缶コーヒーやボトルコーヒー、ドリップコーヒーにインスタントコーヒーなど、日常の様々なシーンでコーヒーを気軽に楽しむことができるようになりました。そして、本格派の方々はやはり缶コーヒーやボトルコーヒーなどの完成したコーヒーではなく、一杯一杯、ドリップして淹れるコーヒーを楽しむことが多いのではないでしょうか。

 

そんな本格派のやり方で入れるコーヒーですが、よく抽出するまではいいものの、いざ抽出をしてカップにコーヒーを注いだ段階でコーヒーがいきなり濁ってしまうというケースを経験したことはないでしょうか。

 

あの濁りは風味にこそ影響はしませんが、やはり除去できるのであれば除去しておきたいものですよね。

 

実はあの濁りは「カップの温度」が関係しているのです。

 

コーヒーを濁らせないためには

 

あの濁りの正体はカフェインとコーヒーの成分であるクロロゲン酸が混ざり合うことで発生する濁りで、熱いコーヒーが徐々に冷めていくとそれに伴って濁りが発生するようになっているのです。つまり、カップが冷たいままだと、そのカップの冷たさがコーヒーに伝わってしまい、濁りが発生するということですね。

 

そのため、コーヒーを淹れる際に濁らないようにするためにはコーヒーカップを最初から温めておけば良いのです。そうすればコーヒーの温度が徐々に下がることはありませんので、結果として濁らない、クリアなコーヒーを楽しむことができるというものです。

 

ちなみにこの濁り、アイスコーヒーを作るときにもよく発生するのですが、こちらはコーヒーを淹れた際にいきなり氷などで急激に温度を下げてあげることで濁る暇もなく、コーヒーの温度が低温で固定されますので、クリアに作ることが可能となっています。
>>トップページへ戻る