会社にコーヒーサーバーを導入するメリットとは?

会社用コーヒーサーバーに最適。ネスカフェアンバサダーはマシンが無料

 

 

 

会社にコーヒーサーバーを導入する企業が最近増加傾向にあります。少し前までは東京や大阪などの大都市圏のみでこういった流行がありましたが、最近はコーヒーサーバーの導入に関するコストが安くなっていることもあり、全国的にその人気が高まってきています。では、オフィスにコーヒーサーバーを導入することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。今回はそのような部分について調査し、まとめてみました。

 

会社用コーヒーサーバーのおすすめはコレ!

 

スタッフのリフレッシュと効率アップに

まず何と言っても、オフィスにコーヒーサーバーがあることでスタッフのリフレッシュと効率アップに繋がるということができます。

 

もし仮にオフィスにコーヒーサーバーがないということであれば、休憩の時間や少し喉が渇いた時などにスタッフの皆さんはいちいちオフィスの外のコンビニや自動販売機に足を運ぶことになってしまいますよね。

 

それも一種のリフレッシュと言ってしまえばそれまでですが、それではあまりにも1回あたりの休憩時間がかかりすぎてしまいます。

 

しかしオフィスにコーヒーサーバーがあると、どうでしょうか。

 

1回あたりのコンビニに足を運んでコーヒーを持ってくるまでの時間と比べると格段に短い時間でリフレッシュのための大切なアイテムである。コーヒーを手に入れることができるのです。しかも抽出自体は一杯当たり長くても1分程度となっていますので、そういった意味では経済的な意味でのコスト削減のほかに時間的なコストの削減にもつながります。

 

オフィスへの来客に対応出来るという強み

 

よくオフィスにいらっしゃった来客に対して、その辺の自動販売機で買ってきたミネラルウォーターや、あるいは適当な缶コーヒーをお渡ししてもてなすというシーンが見られます。

 

これでも十分に来客に対するおもてなしはできているといえるのですが、やはり来客からすれば「何かと味気ない」と感じることも否定できません。それどころか、給湯設備もないのかと疑われてしまうケースだってありますよね。

 

ペットボトルや缶コーヒーなどに慣れていて抵抗のない若いお客様であればそれでもいいのかもしれませんが、ご年配のお客様に関してはやはりきちんと給湯設備を使った上で缶コーヒーやペットボトルではない、カップに入ったお飲み物を提供した方が安心感を持っていただけますよね。

 

そこを行くと、コーヒーサーバーがオフィスにあるということは急な来客の際にも本格的な一杯を提供することができるということに他なりません。

 

これはお客様への感謝の気持ちや会社の設備をアピールする絶好のチャンスでもありますが、何よりも商談でいらっしゃっているお客様に対して「安心感」を持っていただくことが出来るようになるのではないでしょうか。

 

会社用コーヒーサーバーのおすすめはコレ!

 

なによりオシャレ!

そして何より会社にコーヒーサーバーがあると「オシャレ」ですよね。これだけの理由で実際にコーヒーサーバーを投入している会社もあるほどで、会社にオシャレなマシンがあり、おしゃれなコーヒーをいつでも楽しむことができるという事実があるだけで、スタッフさんのモチベーションが上がり、結果としてオフィスの空気が良いものになるというメリットもあるのではないでしょうか。

 

オフィスの空気が良いものになればそれだけ仕事の生産性もあがりますし、お客様が「また来たい」と思えるような空間になりますので、結果として好循環が生まれるということも考えられますよね。

 

そういった面では、やはりオフィスにコーヒーサーバーがあるというのは現代社会においてマストなのかもしれません。

 

会社用コーヒーサーバーのおすすめはコレ!

 

実際にコーヒーサーバーを導入するには

 

では実際にコーヒーサーバーをオフィスに導入するにはどのようにすれば良いのでしょうか。多くのコーヒーメーカーは会社用のコーヒーサーバーのレンタルを行っています。レンタル料がかかるもの、サーバー本体が無料のものなど様々です。
通常、真正面からコーヒーサーバーを購入するとなるとかなりの金額のコストがかかりますが、本体が無料の場合実際に飲んだコーヒーのカプセル代だけ負担すれば良いというお財布に優しいメーカーもあります。
また、多くのコーヒーメーカーでは申し込み前に実際にオフィスまで担当者がマシンを持って訪問してくれますので、そこでマシンを触ってみたりコーヒーの味を確かめることができたりします。
まずは導入前にこのようなサービスを使ってじっくり検討してみるといいでしょう。

 

会社にコーヒーサーバーを導入するにあたって、「味」「値段」「使い勝手」などどの項目に重点を置くかは会社それぞれかと思います。
そこで様々な特色を持つコーヒーサーバーのレンタルを行っているメーカーをまとめてみましたのでご覧下さい。

 

 

おすすめ会社用コーヒーサーバー一覧

 

マシン無料機種はネスカフェアンバサダーと同じで、不足した栄養素を補う健康抹茶「ウェルネス抹茶」が職場で飲めるのがウェルネスアンバサダーです。
社員の健康も考えつつ、豊富なカフェメニューを楽しみたいという職場にぴったりのサービスです。
カプセルは安心、安全、品質にこだわり続けるファンケルとの共同開発です。>>詳細記事

バラエティに富んだマシンがすべて無料で使え、知名度も抜群。様々な年齢・性別に合ったマシンが見つかるでしょう。月々にかかる値段はコーヒー代のみです。
1杯約20円から味わえるコストを抑えたバリスタi[アイ]、
本格コーヒーから宇治抹茶、ココア、ティーラテなどバラエティ豊かなメニューを1台で楽しめるドルチェグスト、
女性に嬉しいお茶・紅茶を作れるお茶マシンのスペシャル.T,
本物志向でファンが多いネスプレッソ専用マシンZENIUS(ジニアス)
氷のいらないアイスコーヒーサーバーなどがあります。>>詳細記事

ユニマットライフ

会社用コーヒーサーバーのレンタルで業界最大のシェアを誇るユニマットライフ。
業界最大手だけあって他社と違ったサービスがあり、イベントの時など1日だけ利用したい、というニーズにも応えて最短1日のレンタルも行っています。
水・コーヒー・お茶のサーバーレンタルで、どのマシンが良いか悩むときはオフィス環境にあったぴったりサイズのサーバーを提案してくれます。自動販売機の設置もできます。>>公式HP

缶コーヒーでも有名なUCCのコーヒーサーバーは、自動販売機、1杯ごとに抽出するタイプ、約5〜10杯分を一度に抽出できるタイプがあります。コーヒー・紅茶・緑茶が1台で楽しめるドリップポッドが人気商品。豆の種類も多く、コーヒー好きにファンが多いUCCですが、コーヒー定期便を利用するとドリップポッドが無料になるというサービスもあります。>>詳細記事
ダイオーズ
ダイオーズと言えば水(ウォーターサーバー)ですがコーヒーサーバーのレンタルも行っています。コーヒーをとにかくたくさん作りたいという会社におすすめです。大容量のレギュラーコーヒーマシン、一杯ごとに豆を挽くエスプレッソマシンがあり、コーヒー豆はダイオーズ自社工場で焙煎したものになります。ウォーターサーバーとコーヒーサーバーのセットレンタルも人気です。>>公式HP

会社にコーヒーサーバーを置けない、という場合は会社用コーヒーサーバーと同じくらいの所要時間で本格的なコーヒーができるINIC Coffee[イニック・コーヒー]がおすすめ。
「プレミアム微顆粒パウダー」でお湯でも水でもたったの5秒で溶けるので忙しい時にも手間をかけずに、贅沢な本格コーヒーの味を楽しめます。>>詳細記事

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は会社にコーヒーサーバーを導入、設置することに関するメリットをいくつかご紹介してきました。やはりスタッフの士気の向上のためという側面もありつつ、お客様に対するおもてなしや、会社の「パワー」のアピールにも繋がりますので、総合的にみて事務所にはやはりコーヒーサーバーが1台あると良いのではないでしょうか。
どのような人がどのような場面で飲むのか。どれくらいの費用で設置を考えているのか。そのへんを踏まえてどの会社のコーヒーサーバーを選ぶのかを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

更新履歴